DAWとかVSTとか

ライセンス・トランスファー覚書

あくまでも参考まで。一次ソースで確認してください。

各社さまざまだなぁ。譲渡自由で無料なところ、一度譲渡するとNFR(Not For Resale)になってしまうところ、不可能なところ。
製品にさほど差がなければ、なるべく譲渡自由なところがいいですよね。

  • 2C Audio
    一度だけトランスファー可能。その後はNFRになる。
    売り手は、将来同じプラグインを入手する必要にせまられたとしても、セールで買う権利を失う。定価を支払う必要がある。(セールで買う権利なんてのは聞いたことがないが、2C AudioのFAQには明記してある)
    買い手は、定価の20%のトランスファーフィーを直接2C Audioへ払う必要がある。
  • 8Dio
    譲渡不可。ハマるとすごいけれどクセが強いし、クオリティ面でもやらかしたことがあるらしい。買う前にはよく考えよう。
  • AAS
    可能。多分無料。
  • Air Music Tech
    不可能らしい。残念。可能なら買っていたのに… -> 最近、ポリシーが変わった可能性あり。
    2014/11時点ではデモできないし
  • Ample Sound _ _
    無料で譲渡可能。メールするだけ。
  • Antares
    不明。多分iLokのトランスファーだけで行けるとは思うけど確証なし。
    今となっては開発力に疑問。自分はひとつ買っちゃったが、もう買わない。
  • Arturia, Steinberg
    可能。手数料は無料。だが、ドングルであるeLisenserごと譲渡する必要がある
  • Bela D Media
    譲渡不可能
  • Best Service
    可能だが、一回限り。NFRになる。 この制限は取り去られた。何度でも譲渡可能になった。
    25 Euroの手数料がかかる。
  • Blue Cat Audio
    譲渡不可能になったとの情報あり
    条件付で理由によっては可。個別メール必須。

    • 買ってから6ヶ月経過していること
    • MSRPの10%の手数料がかかる
    • バンドルで買ったものをバラで売ることはできない
  • Cakewalk SONAR
    譲渡不可能
  • Chocolate Audio
    譲渡可能。Kontaktものは無料。BFDものは、Fxpansionに払うフィーが必要。
  • CineSamples
    譲渡不可能。Kontakt Playerで認証が必要なものでも。
    スクリプトが不得意なのか、ラウンドロビン?な音が二重に鳴ったり、リリーステールが延々と鳴り続けたりするし。-> アップデートで直った模様
  • East West
    iLokのドングルを使うくせに、譲渡不可能。 QLSOとかRAとかMinistry of Rockとか。悪評高いPLAYエンジンの会社。
    とりあえず自分はEWのプロダクトは買わないことにしています。殿堂入りクラス。
  • Embertone
    相談すれば(多分無料で)可能なようです。もともとそんなに高くないから、これで気軽に買えるというもの。
    ぢつわ気が付けばセールの度に結構こまごま買っていて、数はそこそこいってるなぁ。
  • Exponential Audio
    譲渡可能、有償。iLokへ$25のfee、Exponential Audioへ$15。
    iLokからトランスファーの手続きをすると、Exponential Audioへ通知が行き、$15の請求が来る。お金を払うと、Exponential Audioがトランスファーを完了させる。
    た・だ・し、2016年のBlack FridayでのPhoenixverb $49は特価なのでトランスファー出来ないそう。
  • Fabfilter
    有償で可能。2014/12時点で、$14。自分のアカウント内のFAQから、ライセンスフィーを買うページへ飛ぶようシステム化されていて気が楽。NFRにならない。
  • Fable Sounds (Broardway Bandのベンダ)
    不可能
  • FXpansion
    可能、1製品につき$50の手数料。高っ
    [補足] 一度にまとめてトランスファーする場合、総額$50で済ませてくれることがあるらしい。
  • Flux  _
    iLokのトランスファーで普通に可能。特に制限はない模様。iLokの手数料だけ。
  • Heavyocity
    Kompleteに入っていないものは譲渡不可能。AEON, DM-307など。
    Kompleteに入っているちょっと古めのものは、Native Instruments経由で可能。手数料なし、NFRなし。NIのルールに従う。EVOLVE, DAMAGEなど。
  • IK Multimedia
    可能。Tokenを買う。以前調べたときは$19.99だった
  • Ilya Efimov Sound Production
    かたくなに 譲渡不可能。クオリティは悪くないが、気軽には買えない。
  • Impact Soundworks
    原則不可能だが、要相談。ケースバイケースで譲渡が認められることがある模様。
  • ImageLine
    一切不可能。とされている。EUでさえも。
    ときどき、アカウントごと売ろうとする人がいるようだが、ILにあとで発覚するとアカウントがBanされたりするらしい(要確認)。
    FL Studioなんて生涯無料アップデートで素晴らしいんだけど、なんとなく不自由さを感じてしまって。とりあえず自分は、ILの製品は買わないことにしている。気にならない人はいいんじゃないでしょうか。
  • iZotope
    可能。無料。だが、一度トランスファーして誰かに譲った製品をあとで買いなおしても、その製品をトランスファーをすることはできない。
    誰かに譲渡した製品が必要になって後でまた買いなおしても、登録はできて使えるが譲渡はできない、ということ。転売ヤーを防ぐためらしい。
  • Melda Production
    可能だが、製品価格の20%の手数料が必要。セール価格ではない、MSRPの20%だから結構高い。まぁここから買うのはやめとけ。クオリティが高いわけでもなく、GUIがとても変で使いにくい。買うなリスト殿堂入り。
  • Music Lab (Real Guitar etc.) – ShareIt
    多分可能。だが、1アカウントに複数の製品を登録しているとAll or nothingのトランスファーしかできないらしい
    不可能になったらしい。なんてこったい。
  • Native Instruments
    可能。手数料は無料。かなり良心的と言っても良いのではないかと。
    DL製品は譲渡不可能。とEULAには書いてあるが、実際にはWebページから譲渡の手続きが可能。まず、自分のアカウントからシリアルナンバーを取り除く依頼をサポートページから出す。その後、譲渡先のアカウントにシリアルナンバーを登録できる。
    単発で出た製品が次期Kompleteに入るまで待てない時、とりあえず買って使って、後で中古市場で売る、というのは普通に可能だし、むしろおすすめ。
    2015か2016からシステムが変わって、License Transferのメニューから譲渡したいものを選ぶと、Transfer IDが発行され、受け取り側は自分のアカウントにインポートすることでトランスファーが完了する。シリアルの登録をはずす必要がなく、直接受け渡しする必要もなく、より安全に譲渡ができる。業界最高レベルのシステムといっても過言ではない。
    過去には、シリアルが宙に浮いている間に昔のオーナーがちゃっかり自分のアカウントに登録してしまう事件があったが、このシステムならそんな抜け穴はないだろう。
    なお、NI以外のサードベンダから買ったKontakt Playerコンパチのライブラリは、ベンダから個別に許可を得る必要があるとのこと。
  • Nomad Factory _
    定価で買ったもののみ、譲渡可能。$20かかる。
    セール値段で買ったものは譲渡不可能。しかも、明記されてはいないが、NFRになるのが当然な雰囲気の記述がある。
    旧iLok版は、Nomad Factoryのサポートがないため、譲渡不可能。
    自分はできるだけ避けているベンダのひとつ
  • Orange Tree
    “Kontakt Player”対応でない音源: 可能。手数料なし。簡単、webページから自動。おすすめ
    “Kontakt Player”対応音源: 不可能。<- そうだったのか!
  • Pettinhouse
    メールすると、譲渡の手続きをしてくれる。無料。おすすめ
  • Plugin Alliance
    Brainworxとか。
    できるらしい。買い手が$20払うという珍しいシステム。
    一次情報にたどり着いていない。KVRでの情報は、これ
  • Prominy – V-Metalとか
    譲渡不可能。不可能ったら不可能。
  • PSP
    可能。無料。おすすめ
  • Sample Logic
    譲渡不可能ここは厳しい。というかセコい。仮にKontakt Player版でも、最初からNFR。Native Instrumentsに依頼しても駄目らしい。
    EUではトランスファーを禁止できないRulingが出ているが、過去にこんなセコいことをしてきた。さんざんもめた挙句にMSRPの50%の手数料ってなんだ?ありえない。EUのRulingをかいくぐるため、今は物理メディアの販売をしていないそうだ。
    そして、Fanfareでやらかした歴史あり。リセラーの在庫処分セールが気に食わないからと、シリアルナンバーを無効にして登録をさせず、サポートに連絡を取ると盗品扱い。Musicians Friendが大人の対応をしただけに、ますます燦然と光り輝く。
    セールをしていたとしても、自分は近づかない
  • Soniccouture
    Kontakt Playerな製品に限り譲渡可能。$35の手数料
    “Yes, this is possible for Kontakt Player products only. We charge a €25 / $35 fee to re-register the serial for the new owner. This covers our time & enables an addtional Exclusive Content download.”
  • Sonokinetic
    譲渡は不可能。
  • Sonnox
    (特に最初のユーザに限っては)不可能ではないようだが、うるさそう。バンドルを買っても、個別にライセンスフィーがとられることがあるらしい。あまりお近づきになりたくない感じではある。
  • SoundIron
    ケースバイケース。手数料(額は不明)が必要とされるらしい。

    • License Transfer And Resale Policy
      We can arrange for license transfers between users on a case-by-case basis. This process includes a re-licensing fee and requires both the original owner and recipient to contact us directly for verification and authorization prior to exchanging the license. Users may not transfer data directly. We will handle delivery of a new license via download through our system upon approval of transfer. Soundiron reserves the right to deny license transfer requests for any reason, at its own discretion.
  • SoundToys
    可能。iLokトランスファーのため、$25かかる。
    iLok Managerからライセンスを選んで右クリックして、”Transfer”を選んで指示に従う。
    だが、SoundToysにも、譲渡先の情報を知らせておく必要あり。名前、emailアドレス、iLok ID、電話番号。
    トランスファー代の支払い後、iLokの会社からSoundToysに確認が行くらしい。SoundToysは送った情報と照らし合わせてトランスファーの許可を出す、ということになっている。
    In the iLok License Manager software, you can right-click on the license you would like to sell and select “Transfer” and then follow the necessary steps. Pace (the company that makes iLok) will charge you a fee of $25 per license transferred. License transfers are almost entirely done through the iLok License Manager on your end, but we do request that you send us the registration info of the buyer (name, address email, iLok user ID, and phone number) so that we can verify the transfer on our end. Once the transfer is paid for, we will receive a request to confirm it. We will cross-check the details with the buyer’s details that you sent us, and then approve it.
  • Spectrasonics
    不可能ではないが、ケースバイケース。いろいろ厳しい。NFRになる(かも)。1製品につき$50の手数料。
    さらに、譲渡を受けた側は、アップグレード価格が高くなるかもしれないし、特別なオファーが来ないかもしれない
    製品をクロスグレードすると(e.g. Stylus -> Stylus RMX)、譲渡できなくなる。
    サウンドライブラリ(拡張パック)も譲渡できない。
    参考までにKVRのすれ、これとかこれとか。
  • Steven Slate (Slate Digital)
    可能。$30の手数料。NFRになってしまうかも(?)。そのほかにiLokトランファーに$25が多分必要。
    Slateへの手数料は無料になった。iLokトランスファーフィー$25は必要。
    SD4 (drums)は譲渡不可らしい。
    個人的には、ここはお勧めできない。開発力に大きな疑問あり。
  • Sugar Bytes
    可能。$9の手数料。気分的に楽。
  • Toneboosters
    不可能。
    まぁそれが必要ないぐらい十分以上に良心的な価格設定なんですけどね。
    EULAには不可能とあるが、個別に連絡をすれば無料で可能な模様。買う側のメールアドレスが必要。
    専用のページからシステマチックにトランスファーするようになった。手数料10€ 6.99€(に下がった模様)。
  • Toontrack
    可能。多分無料。ただし、一度譲渡するとNFRになる
    …はずだが、そうでないケースもあるもよう。サポートに連絡してみるべし。
  • U-he
    可能。購入後9か月以降は無料。
    9か月未満だと、$15の手数料。
  • Valhalla DSP
    可能。無料らしい
    2015に改訂: オリジナルユーザのみ無料。セカンドハンドユーザは$10かかる。
    アカウントシステムに移行したため、買う側のアカウントが事前に必要。
  • Vir2
    可能。手数料は不明だが、無料だと思う
    NFRになるとの説もあり
    譲渡不可買うなりスト入り。
    昔、ここの製品を購入する前にメールで確認したら譲渡可だったので買ったのですが、結局使わなくて、ライセンストランファーの許諾を得ようとしたら全く違う答えが返ってきました。
    譲渡可能という情報は、「今は辞めてしまった」当時の社員からの嘘であり、譲渡は不可であると一方的に通告されました。ひでーだまし討ち。ありえねー。
  • Voxengo
    可能。無料
    買って30日以内はNo Question Asked返金もあり。
  • Waves
    可能。MSRP $700未満の製品なら手数料なし。それ以上なら、$150の手数料。ただし一回のトランスファー手数料の上限は製品の数によらず$150。
    ※多分、WUPが有効でないと譲渡できない
  • XLN Audio (Addictive Drums)
    可能。手数料無料

コメント先: "ライセンス・トランスファー覚書" (3)

  1. ラギー の発言:

    一覧になっていて分かりやすいです!ありがとうございます。

  2. ななしさん@寒いよ の発言:

    素晴らしい情報ありがとうございます!

    minetを読むとオク流し品はサポートしないよ!とかあって取り合えず唖然としてました。
    うちだとAAS、FLUX、IK Multimediaが流せそうです。
    (全て32bitなので32Livesとか必要になるかもしれませんが)

    ただWavesだけはWUP期間外なので厳しそう…
    JBridgeM? う~む

    Waves RENAISSANCE MAXX、L3 MULTIMAXIMIZER
    Flux Recording Pack – 6 plug-in bundl、Solera
    IK Multimedia T-RackS 3
    AAS Ultra Analog VA-1 – Analog Synthesizer、StringStudioVS1-114、Lounge Lizard EP-3

  3. ゆう の発言:

    素晴らしいまとめ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。