DAWとかVSTとか

だんとつで

  • Slate Digital FG-X

です。なにしろ、まともに動かない。プロジェクトがそこそこ完成に近づいて、FG-Xをマスターバスに指すとしましょう。その瞬間、アクセスバイオレーションを起こして、DAWを道連れにして死にます。非常に高確率で。

細かく言うと、からっぽなプロジェクトだと問題はほとんど起こさないんですが、そこそこトラック数がありプラグインをそこそこ以上使っているプロジェクトだと、確実に死にます。具体的には、50回試して50回ぐらい死にます。

この死に方は、自分に属していないメモリ領域に書き込んでいる、つまりメモリをぶち壊している場合によく見られるパターン。要するに、プラグインのバグ。しかし。

サポートに連絡をとっても、「トラックが二つだけなら大丈夫だから。ほらマスタリングプラグインだし」とかのたまわって不具合だと認めない。ありえねー。

というわけで、使い物にならない。サポートの「近々バージョンアップするから」という言葉にわずかな望みを託しているのだけれど、ずいぶんと音沙汰がない。

ちなみに、jBridgeでプロセスの外へ追い出してやれば少々メモリを壊そうとDAWは無傷なのではないかと思って、試してみました。
確かに、DAWは死ななくなります。しかし、今度はFG-Xがまともに動かない。GUIがまったく更新されません。ツマミは常に12時を指したまま。各種メーターの針は、そもそも表示されないか、あるいはぴくりとも動かない。
JBridgeの作者に相談してみましたが、既知の問題で、Slate Digitalが非協力的なため原因がわからず、いかんともしがたいとのこと。

FG-XのためだけにiLokまで買ったというのに、もうどうしてくれよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。