DAWとかVSTとか

仮想音源の音色、チャンネルプリセット、MIDIパターンなどなど、だんだんファイルがあちこちに散らかってきますよね。普通にDAWを使っている分にはまず問題ないんですが、PCのアップグレードをするなどの理由で、自分の設定をまとめて保存したい、となると一苦労。

どこか一箇所にまとまっていればいいんですが、それぞれのソフトウェアのポリシーや管理方法の違いで、本当に何がどこにあるのかわからなくなってしまいます。

私 の場合、Windows Home ServerでPCのまるごとバックアップを毎晩取っているので、それに頼ってもいいのですが、それだけだとちょっと不安です。というのも、 WHSのストレージを構成するディスクが壊れてプールから取り除くときにちょっとした問題が生じるからです。WHS上のすべてのデータフォルダを二重化しているし、 よほどのことがない限りデータの損失はありませんが、バックアップの履歴はさにあらず。バックアップデータベースはフルスクラッチからスタートしなおすこ とが往々にしてあります。

でまぁ、最近「くらうど」なるものがはやっていて、どうやら便利らしい。設定ファイルとかだけならまぁクラウドにおいても問題は少なそうだし。というわけで、この手の散らかった設定ファイルだけ、流行りなクラウドにバックアップしてしまえばイイんじゃないかと。

SugarSyncっ てのがメジャーで、かつあちこちのフォルダをバックアップしてくれるようなので、使っています。5GBまで無料。設定ファイルなんて小さいファイルの寄せ集めなので、これで十分でしょう。
最初はごく簡単に、Roaming Profileの下のアプリ個別フォルダとか、テンプレートファイルを集めたフォルダとか、エクスプレッションマップとかからはじめてみます。

たとえば、トラックプリセットはここ。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Steinberg\Track Presets

プラグイン固有の新しいフォルダに気づくたびにこまめにSugarSyncへ登録するのがコツといえばコツかも。設定ファイルの場所のメモ代わりにもなります。

ちなみに、DAW用PCは普段インターネットにつなげていない人、多いですよね?([Y]/y)
クラウドへバックアップするには、意識して定期的に接続してやらないといけないのがデメリットといえばデメリットでしょうか。でもまぁDAWで作業していないコーヒーでも飲んでいるときに、ものの10分も接続してやればOKかな。

[追記]
アメリカで作ったSugarsyncアカウントは有料になってしまいました。フリーミアムモデルがうまく働かなかったんですかね。日本で作ったアカウントは大丈夫のようですが、新規に無料アカウントを作れなくなっている気もします。

ぴったりくるサービスを見つけるのはなかなか難しいものですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。