DAWとかVSTとか

Voxengoスレを見ていると、「Curve EQの新しいVST3版をSteinbergへ送った」、という作者の記述を見つけました。ソースコードではなくてバイナリで送ったらしい。

ということは、Curve EQは、SteinbergのパックしたVST3セットには入っていない、独立したプラグインなのかもしれない。と思って探してみたら、あっさり見つかりました。

C:\program files\steinberg\cubase 7\vst3\CurveEQ.vst3

このファイルを、

C:\program files\steinberg\cubase 6\vst3

のフォルダへコピーしてやるだけで、Cubase 6.5でCurve EQが使えました。

もちろん、Steinberg keyのドングルはさしておく必要がありますよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。