DAWとかVSTとか

Waves V9のプラグインを32個以上さすと描画がおかしくなる、という有名な問題があって、自分もついに引っかかってしまいました。
CPU内蔵Intelグラフィックドライバを使っているとき、OpenGLの描画に問題が生じるそうで、WavesのプラグインのUIがどれも描画されなくなります。
色を16bitに落とすとか、サードパーティのビデオカードを使うとかの策は知られていたようですが…

http://www.gearslutz.com/board/music-computers/845664-waves-crashes-daw-after-32-instances.html

ここに、Wavesのユーザサポートから出てきた話らしい、回避策が提示されていました。

C:\ProgramData\Waves Audio

に、空のテキストファイルを作り、

no_context_sharing.txt

と名前をつける。

やらなきゃいけないのはこれだけ。DAWを起動しなおせば、見事WavesプラグインのUIが再び表示されるようになりました。

この対策を施しても、48個以上さすと同じような描画の問題が起きるという話もあるようですが、自分では未確認。

 

追記:

最新版のインテルのHDグラフィクスドライバーで、この問題が解決しました! 詳しくはこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。