DAWとかVSTとか

Webを徘徊していたら、Cubaseのウィンドウが画面の外へ出てしまって、動かそうにも動かせなくて困った、という話を見つけました。
なにか専用のソフトウェアを使って画面の中へ戻したようなのですが、それはそれで大変そう。

前回起動時のウィンドウの場所を覚えているアプリというのは結構あったりしますが、画面のサイズが変わってしまったときとか、リモートログインしたときなど、結構遭遇するシチュエーションといえましょう。そんなときに知っておくと便利なWindowsの小技をひとつ。

キーボードを使います。実はWindowsって、全ての操作をキーボードのみで行えるように設計されているのです(少なくとも7の頃までは)。

  1. で、使うキーはAlt+” “。Altキーを押したまま、スペースキーを押す、という意味ね。
  2. これで、ウィンドウのメニュー「システムメニュー」と呼ばれるものが出てきます。
  3. そうしたら、おもむろに“M”のキーを押します。これで、ウィンドウ移動モードに入りました。
  4. 次に、右矢印のカーソルキーを押します。
  5. ここでマウスを動かしてみてください。
  6. どうです。ウィンドウが出てきてちゃんと動かせるようになったはずです。

Cubaseの子ウィンドウが外に隠れてしまった場合には、最初に Alt + “-“ を押します。Altキーを押しながら、フルキーボードのほうのマイナスキーを押します。これで、子ウィンドウ用のシステムメニューが出てきます。
あとは、まったく同じやり方でOK。

ほんのちょっとした技ですが、知っているといざと言うときにあわてなくてすみますよ。

—————————————————————————————-

豆ですが、大昔のWindowsは、ウィンドウの左上のアイコンが、スペースバーとマイナスキーのイメージになっていたんですよ。

Windows system menu

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。