DAWとかVSTとか

唐突に現れた感が強いのですが、あらかじめ音が作りこまれた系のドラム音源、MT Power Drum Kit 2がフリーでダウンロードできるようになっています。どうやらもともと有償だったものがフリーになったようです。

32ビット/64ビット VST/AUがサポートされています。

http://www.powerdrumkit.com/

とてもシンプルなドラム音源で、トラックにインサートしてすぐに使えるようになっています。

MTPowerDrum1

出音も悪くない。これでフリーなんだから大したものです。

ミキサでパン・ボリューム、マルチアウトの設定ができます。エフェクトは特にありませんが、マルチアウトできるのでDAW側でなんとでもなるでしょう。

MTPowerDrum2

ドラマー視点か観客視点かのパンの左右スワップもクリック一発でOKです。
金物がそれぞれ独立しているのも特徴ですね。パン、ボリュームがそれぞれ設定できます。
ただ、かぶりなどのコントロールはありません。

MIDIパターンも多数付いていて、そのままDAWのトラックへドラッグ&ドロップもできるし、いったん音源側のバッファに貯めてからD&DでもOK。個人的には使いやすいと感じました。すごいなと思ったのは、基本パターンそれぞれに複数のフィルインパターンが展開されることです。(基本パターンに金物だけ差し替えたもののようですが…)
似たようなパターンが多かったので、もう少しバリエーションがあるとよかったかと。フリーに何を求めているんだw

MTPowerDrum3

 ダウンロード方法

さて、ダウンロードはサイト上部の”Support”をクリックしてから、”Download Full Version”と進みます。
いきなり”Download””をクリックしてしまうと、間違えて製品版ではなく、フリー版を落とすことになるようです。フリー版だと若干サイズが小さいようです(具体的に何が違うのかまではチェックしていませんが…)。

MTPowerDrumGet1

 

MTPowerDrumGet2

“full version”が目的のものです。

なお、もう一つのリンクは、あとでアクティベーションを行う時に必要となります。メモっておきましょう。

有名どころのドラム音源のマップに合わせることもできます。ダウンロードページにテンプレートがあるので、そちらもDLしておきましょう。

MTPowerDrumGet3

インストールは、install.txtの指示に従ってファイルをコピーするだけでOK。

初回起動時にチャレンジ・レスポンスに基づくアクティベーションを求められるので、Downloadの途中で見かけた、”Activation”のリンクをたどって、マシンコードを打ち込み、アクティベーションコードをゲットしましょう。

 デモ

内蔵のMIDIループしばりでデモを作ってみました。さすがにそのままD&Dでは飽きてしまうので切り貼りはしましたが、使っているノートは内蔵MIDIループそのままです。

リバーブを薄くかけたのと、Pro-Lに通した以外は、音の加工はしていません。EQなし、モジュレーションなし、Pro-L以外のダイナミクスなし。

一応、背景に薄くOmnisphereでPadを入れています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。