DAWとかVSTとか

Cubaseを使ってビデオファイルに音楽をつけてみようと思い立ったのですが、問題が生じました。
Cubaseの特徴として、プロジェクトにビデオファイルをインポートして、ビデオをサイドバイサイドで見ながら音楽を付けていける筈、なのですが…

c8_video_popup

今のCubaseは、Quicktimeを使ってビデオにアクセスしているということです。できるだけQuicktimeは入れたなくなかったのですが仕方ない。それ自体はまぁいいとしましょう。
けれど、問題はWindows用Quicktimeは、32bit版しかないことでした。いろいろ探したのですが、そもそもWindows向け64bit版Quicktimeというものが存在しないらしいのです。

自分はもうとっくに64bitに移行していて、Cubase本体も、さまざまなプラグインも64bit版しかインストールしていません。ところが、ビデオを扱おうと思うと、Windows用64bit版Cubaseは全く役に立たないことが判明したのです。Quicktimeの、64bit対応モジュールを読み込めないからだという(そんなものは存在しませんから)。
何度かやり取りをしたのち、サポートが明言したので間違いはありません。残念ながら。

なんということでしょう。

Cubase本体だけなら、諦めて32bit版をインストールして使うのでも構いませんが、問題は大量のプラグイン。今から32bit版を入れなおすなんて考えたくもない…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。