DAWとかVSTとか

最近のCubaseは、トラックにバージョンってのがあって、同じトラックの別バージョンを簡単に作ることができるようになっています。複製を作ったり、新規に作ったり。試行錯誤の過程、またはバリエーションをひとつのトラックにつっこんで、あーでもないこーでもないと悩んでみたり、ちょっと雰囲気を変えたらどうなる?というテストをしたりと工夫次第でいろいろ出来るわけです。
それぞれのバージョンにはIDという数値を割り当てることができて、複数のトラックで同じIDのバージョンを選ぶなんてこともできます。

ただ、ちまちまとそれぞれのトラックでバージョンを使ってもいいんですが、どうせなら全部のトラックの複製のバージョンが一発で作れると嬉しい。でもどうも標準ではサポートされていない感じ。ということで、マクロとロジカルを組み合わせて作ってみました。大したことはやっていないんですが結構便利だったので、いつものように備忘録がわりに書いておきます。

まず、全部のトラックを選ぶキーコマンドを探したのですが、見つかりませんでした。すべてのパートやイベントを選ぶのはあるんですが、それだとデータのないトラックが選択されません。データがないことまで含めてバージョンとしたいので、それではちょっと困ります。

というわけで、ロジカルで何とかしてみました。こんな感じ。

C8_logical_select_all_tracks
これ以下はあり得ないほどシンプル。

で、マクロを作ってキーボードにアサインするわけです。こんな感じ。

C8_macro_duplicate_version_all_tracks_name_it v2

まずは、全トラックの選択から。”Select All Tracks”という名前のマクロがそれです。
自分は、「トラックリストの分割」という機能を使って、常にプロジェクトビューを上下に分けていますが、上記のロジカルでは上下どちらか片側のトラックしか選択されませんでした。良い解決法が思いつかなかったので、一旦分割を解除することにしました。上記のロジカルを「トラックリストの分割」ではさんだものをマクロにして、それはそれで便利なので独立して登録しておきました。自分は、Ctrl+Alt+Shift+Aにアサインしてみました。
(普段トラックリストを分割しないのなら、「トラックリストの分割」は不要どころか邪魔なので外してください)

全トラックのトラックバージョン複製のマクロのの方は、、”Select All Tracks”マクロを呼び出して、バージョンを複製、名前の入力を促すというこれまたシンプルなものです。

ちなみに、最後に「トラックバージョン名を変更」を入れたのがミソかなー。そのままだと、「元のトラックのうんちゃらかんちゃら」とかへんてこな名前になってしまいます。もちろん手作業で後で変えてもいいんですが、地味に面倒なので一気にやってしまいます。

あとは、このマクロに適当なキーをアサインしてやればOK。自分は、Ctrl+Alt+Shift+Dにしてみました。

トラックバージョンは万能ではない

トラックバージョン、なかなか良いのですが、プロジェクトのスナップショットを取るという目的では使えないようです。マーカートラックやグループトラックなど一部の特殊トラックでは、トラックバージョンが利かないんですね。

あと、どうでも良い個人的な感想ですが、どうもバージョン管理のやりかたにしっくりこなかったんですね。どうもこの違和感は説明しにくいんですが…
自分がバージョン管理をしようと思うのは、現状のトラックを保存しておきたいとき(e.g. 派手に変更を加える前の保険、とか)。なので、実は名前を与えるべきは複製した先のトラックバージョンではなくて、複製もとのバージョンなんだと最近やっと理解しはじめたところです。
つまり、全トラック選択 -> 名前変更 -> トラックバージョンの複製、という流れにすれば良いのかもしれません。
というわけで、名前変更にもショートカットを割り当てました。

トラックの設定だけ複製

さて、関係あるようなないような話題を続けます。
トラックをまるごと複製するのは簡単で、そのものズバリのキーコマンドがあります。
ただ、トラックの設定だけ複製したトラックを作りたいときはありませんか? 設定というのは、フェーダーやパンに始まり、音源に設定した音色とか、インサーションエフェクトとか、SendやSendパンの設定とか、ルーティングとか、キューミックスとか。
普通にトラックを複製した後、すでに打ち込んだパートやオートメーションやバージョンを消して回るのはちょっとだけ面倒。

調べてみたらそれっぽいキーコマンドがそろっていたので、マクロにまとめてみました。

C8_macro_duplicate_track

一つだけトラックを選んだ状態で起動することを想定しています。複数のトラックが選択されていると、ちょっと予測できない動きを見せることがありました。
マクロ内では、トラックを複製した後、データを削除する前に上下キーを入れていますが、複数のトラックが選択されていたとき用のバカよけです。上下キーを入れることで、選択されているトラックは単数になります。
結構やっちまうんで入れてみました。

EDIT: 全トラックのトラックバージョンの複製の項で、全トラックの選択のやり方を変えました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。